3月11日の桜
d0193615_21321182.jpg

3月11日。 大地震が来る約2時間前に撮影した河津桜。 この日は朝から青空が広がり雲1つ無かったが、この撮影の後に怪しげな雲が広がった事が印象に残る。 また、以前上げた記事では書かなかったが、地震が起きた時にいた駅の2つ前の駅で停車している時、金属が軋む様な異音を上方から聞えて気になっていた。 三陸地方に住む親戚から手紙が届いた。 2時46分の本震の直前に前震が3度来ていたそうだ。 本震で津波が来ると直感して家を飛び出し、そしてその揺れが凄過ぎて立っていられず這って逃げたそうだ。 ここの家は海の側だが高台と言うか崖の上に家があるのだが、海の水が川の様に沖へ引き、海の底が遠くまで見え始めたので巨大な津波がやって来る事を確信して更に上を目指した。 今回の被害はテレビを見て最悪の事態を覚悟したが、大船渡に住む親戚は車で津波から何とか逃れ、津波は自宅の50m手前で止まった。 大谷海岸付近に住む遠い親戚の家は残念ながら流され、気仙沼に住む親戚の家は一階部分が水没してしまったが、命を落とす者は奇跡的に1人もいなかったのは救いだった。
[PR]
by sanpoken | 2011-04-12 23:00 | 花虫
<< 緊急地震速報の導入 麺や凛として >>